開設者

関 智太(せき ともひろ)
楽しく安全な武道の会 会長
合気道関道場 開設者
関合気研究所 所長

1974年三重県に生まれる。
高校時より合気道をはじめる。
国際武道大学卒業。
合気道をはじめ、さまざまな武道・格闘技を研究する。
大学卒業と同時に、合気道開祖の言う「武農一如」を経験するため、農業に従事し、自然の営みを学び、自然の「循環」に気付く。

2000年合気道関道場を開設。
その後今日までに、数々の道場の立ち上げを手掛ける。
道場長として数多くの道場生の指導にあたり、1000名以上に合気の技や理論を伝える。

合気道指導の傍ら、30歳より合気道の極意である「合気」について武道の枠を超えて多方面より研究を開始する。
そして、自らの人生を実験台にさまざまな試みを大胆に実施する。

2011年名前を関太郎から関智太に改名。

現在は関合気研究所を立ち上げ、現代人に即した「合気」の実用を考案中。